スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者ドクオ3

勇者ドクオ2の続き。

バラモス後?ラストまで。
明日は僧侶ドクオをageます。

352 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:20:43
勇者ドクオ LV32

「バラモス倒してから俺は英雄だった。
本当は父さんがほとんど倒したんだけど、俺が一人でがんばったことになってる。

賢者ティア にふられてからというもの、過去の栄光と酒にしがみついてきた。

アッサラームの街で幾夜もすごした。
金がなくなってもしばらくはツケであそべた。
それもできなくなると、やがてうとまれ街を追放された。
命をはってがんばったの民衆は冷たい。

ロマリアの王に後継ぎの話ももらったけど、王なんてめんどくさいなって思った。

バハラタの町で用心棒まがいの仕事もした。
だけど、俺が悪いのだろうな。確かに態度がでかいと思う。

俗世に嫌になり、スーの村ですごいしてたときのことだった。

アリアハンの兵士がやってきて、王様が呼んでいるという。

俺はひさびさに故郷に帰ることになった。」


354 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:26:33
勇者ドクオ LV32

王様がいうには、バラモスは手下で、じつはゾーマという大ボスがいるという。
それで、倒しに行ってくれと言う。

バラモスにも勝てない俺に無理をいうなって思った。

だけど、有無をいわさないふいんき(変換ry
があった。民衆は手のひらを返したように、俺を英雄だと祭り上げた。

生贄。そう、そんな感じだった。

俺は家にもどった。父さんはもういかないという。引退だってさ。
家の中ではパンツすらはいてなかった。

俺は酒場で仲間を探すことにした。
今度の敵は強いので、仲間があんまりみつからなかったな。

ティアは学校を開いていて、今では大勢に慕われている。
一応頼んでみたけど、仲間になってくれた。今ではずいぶんきれいな女性になってた。


355 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:36:06
勇者ドクオ LV32

賢者のティア 
そして教え子の賢者の男の子を連れて行った。
名前は。ケイという。美少年だった。

戦力として、戦士か武道家がほしいなっておもった。
だけど、なかなかみつからなかった。

とりあえず3人で出発することにする。
しばらくは ケイを育成しないとならないしな。

実家から、ひさびさに大地のよろいと草薙の剣を取り出した。
装備すると懐かしかった。がんばろうって思った。

王様に盾が欲しいと言うと、皮の盾をくれた。
僕は、ライディンで玉座にいかずちを落とした。
王様は慌ててた。それから兵士の使っている鋼の盾をもらった。
けっこう成長して、交渉の仕方とか、わかってきたよ。


357 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:42:05
勇者ドクオ LV32

ラーミアは俺のこと忘れて攻撃してきた。
ティアのことは覚えていたので、なんとか乗れた。

バラモス城のあとに、大きな穴があいていた。
僕らはそこを降りた。

地下世界。っというよりは、異次元のようだった。
空は雲で覆われて、うすぐらい。

僕らは歩いて、ラダドームの城までいった。
ケイは才能に溢れていて、一人でガンガン進んでいったな。

ラダドームの王様に一通り話しをきいた。
なんか王女もさらわれたらしい。
救いだしたら、結婚してあと継いでいいって言われた。

おれはおいしい話には罠があるって知ってるけど、がんばることに決めたよ。

宿屋に泊まるときに、俺は一人部屋だった。
ティアとケイは一緒の部屋だ。なんだよ、よろしくやってるんだな。


359 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:47:01
勇者ドクオ LV35

それから、伝説の装備を集めたよ。
光のよろいと王者の剣。
なんだか、かっこうだけは一人前になったな。

それから、いっつも一人なのと、チームの二人がなんだかわずらわしくって、帰ってもらった。
俺は一人でもいいやっておもった。ベホマもつかえるしね。

もっぱら俺の友達は、リムルダールの上に現れる熊さんだ。

おかげで、レベルもガンガンあがったよ。

たまぁに、ベホマズンを唱えるのが楽しみさ。

ああ、わかってるよ、一人じゃゾーマを倒せないことぐらい。
いいんだよ、ちょっとひとりにさせてくれ。


360 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:51:55
勇者ドクオ LV41

「ギガディン!!」
俺は、これをくたくたになるまで唱えるのが日課だった。

リムルダールよりちょっと南には、ゴールドマンがいた。
こいつが金持ってるので、結構倒したよ。

金ができたら、俺はメルキドの町で遊んだ。
金がある間はもてたよ。
金がなくなると、冷たく追い出された。

そんなことを繰り返したな。

ゾーマは別になにもしてこないしな。
俺がいくとすっげぇ怒るんだろうな。嫌だな。

わかってる俺の宿命だもんな。
そろそろいくかな。


365 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 15:57:42
勇者ドクオ LV55

むかうとこ敵なしってこういうこというんだろうな。

虹の掛け橋をつかった。
海も空も七色に輝いた。すげぇきれいだった。

俺は一人でそれを眺めた。なにやってるんだろう。なんだか涙がでた。

ゾーマの城の敵は、多少歯ごたえがあった。
俺はくる日もくる日もモンスターと戦ってた。

ときどきリムルダールに帰って、羽をのばした。

わかってるよ。ティアに謝って仲間にもどってもらえばいいことぐらい。
でも、素直さなんて、とっくの昔に忘れちゃったよ。

ルイーダの酒場にもどって、新しい仲間育てようかな。
今ならすぐ育つしな。
そんなことも考えたこともあったけ。



366 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:01:48
勇者ドクオ LV57

キングヒドラがいた。誰かと戦ってた。

父さんだった。パンツ一丁。相変わらずだな。

おいおい負けそうじゃんよ。わかったよ助けるよ。

俺は、キングヒドラをやっつけた。もう負ける気がしなかった。

「父さん、何してんだよw」

寂しそうな俺を見かねたらしい。仲間がいないってルイーダの酒場でも笑いものらしい。

「父さん、わかってる。だけど、もう父さんの力は借りたくない。よけい惨めだよ。」

父さんには帰ってもらった。父さんには母さんがいる。幸せにしてやってくれ。

世界のために犠牲になるのは俺一人でいい。そう思った。



367 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:04:55
勇者ドクオ LV58

なんか怪しいとこに出た。
火が灯る。

ああ、ラスボスのとこに間違えてはいっちまったって思った。

最初のてきは、バラモスブロスだった。

俺は過去を思い出した。
大切な仲間を殺した悪の権化。

俺は精一杯戦った。
もう、昔の俺じゃない。
一人でやってやるさ。

バラモスブロスをなんとか倒した。薬はもうない。

そして、バラモスゾンビがでてきた。まじですか?って思った。




370 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:08:26
勇者ドクオ LV59

バラモスゾンビの攻撃は痛かった。
なんどもベホマを唱えて、なんとかがんばった。
攻撃力だけは俺つよかった。

そして倒した。倒したけどMPがなくなりそうだ。
祈りの指輪ももう壊れちゃったよ。

まぁいいさ。俺は開き直って、最後のベホマを唱えた。

そして、ゾーマがあらわれた。

長いセリフをしゃべりはじめた。
つべこべいってらんない。

俺は迷わず光の玉をつかった。

シュゴォォォォーーー とかいって、ゾーマが輝いてるの。
少しは弱くなったかな。

勝てるといいな。世界がどうなって知ったことか。


372 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:13:39
勇者ドクオ LV60

俺の攻撃は一応ゾーマに通用してるみたい。痛そうなリアクションだった。

凍てつく息で、あっという間に劣勢に立たされた。

あいつ、遊ぶように指先から波動が走らせた。
呪文無効化って意味ないってわかってるんだろうな。かかってないよ。
遊ばれてるのかな。こいつもさびしいやつなんだよな。

なんだか、剣を交えてるうちに、友情みたいのが芽生えたと思ったよ。

あいつ、魔法なんかつかわないで、なぐってくるの。
俺の攻撃もうけてくれたよ。だけど、あいつ1ターンで100P勝手に回復するんだぜ。

ああ、わかってるよ、理論上俺が勝てないことぐらい。

最後まで必死にがんばろうと思った。
ああ、ゲージが赤くなったよ。次の一撃で死ぬな。

やっと姉御のところにいける、そう思った。

暖かい光に包まれる。これが死ぬってことなのかな。



374 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:19:40
勇者ドクオ LV60

暖かい光って え? ベホマですか?

「いよーう。遅くなった。」 ティアが笑ってる。

「すみません。僕の成長が遅くって。」 ケイじゃないかあ。イケメンになったな。

「やっと、開放されたよ。」 ひげずらの・・・ああ、おじさんじゃないですか!

俺は目から鼻水がでた。

ひさびさの四人チームだった。

ゾーマはその間みててくれた。
こいつも嬉しいんだろうな。ラスボス、倒されるのがこいつの仕事だもんな。

わかったよ、やってやる。

ティアがバイキルトを唱える。ケイがフバーハを唱える。おじさんは祈り指輪を俺に使ってくれた。

力がみなぎる。やるよ。俺。ごめん。ばかだった。


377 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:22:27
勇者ドクオ LV60

ゾーマは強かったな。手加減無用って感じだった。
魔法の補正は、波動で解除しちゃうし、全体攻撃でこっちはへろへろになった。

もう必死でみんなでがんばったよ。
最初にケイのMPが切れた。
そのあとティアのMPも切れた。
おじさんの祈りの指輪も賢者の石もくだけちゃったよ。

みんな赤いゲージだ。

わかってるよゾーマ。見せ場をつくってくれたんだろう?

俺は、唱えたよ。

「ベホマズン」


378 Mr.名無しさん New! 2005/06/11(土) 16:26:45
勇者ドクオ LV61

? エピローグ ?

俺は今、ラダドームで王様をやろうか迷ってる。
助けた姫はちっとも美人じゃない。
でも驚かなかったよ、世の中そんな甘いものじゃない。
この辺が、潮時かなって迷った。

光のよろいと王者の剣を王様に渡した。
それはきっと、語り継がれるだろう。

ティアとケイは結婚した。僕はそれを素直に祝福をした。

うん。もう、迷うのをやめよう。



僕はルーラを唱えた。


? fin ?
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

狼@NEX

Author:狼@NEX
日々是精進也。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
坂本真綾
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。